エントランス







−脳卒中外来のお知らせ−

日本神経学会認定 神経内科専門医・指導医

日本脳卒中学会・脳卒中治療ガイドライン2009

脳卒中を予防しよう!
 ・脳卒中は日本人の主要な死因の1つであり,予防療法が最も重要となります.
 ・当院では頸動脈エコーなどを用い,動脈硬化やリスクの評価を行っております.

脳卒中とは?

 ・脳の血管が詰まる脳梗塞,脳の血管が切れる脳出血などの総称です.
 ・その多くが生活習慣病による動脈硬化が原因です.
 ・その他,心房細動による脳塞栓症,動脈瘤破裂によるくも膜下出血など.
 ・日本人の主要な死因の1つであり,予防療法が最も重要となります.


脳梗塞とは?

 
・脳の血管が詰まることによって発症します.
 ・血栓症:動脈硬化により血管が狭くなったり詰まったりして起こります.
 ・塞栓症:血管はきれいですが,心臓などから血の塊りが流れてきて詰まります.
 ・特に心房細動や下肢静脈血栓症は血の塊りを作りやすく,予防が重要です.

脳出血とは?
 
・脳の血管から出血することによって発症します.
 ・高血圧が主な原因ですが,出血しやすい病気が隠れている場合もあります.
 ・出血が大きい場合など,外科手術が必要になる場合もあります.
 ・予防には,血圧の管理が特に重要です.

小血管病(small vessel disease)とは?

 ・ラクナ梗塞:小さい脳梗塞病変で,無症状の場合もあります.
 ・白質病変:MRIで認められる慢性虚血性病変で,加齢とともに増加します.
 ・
微小出血:点状の出血で,MRIのT2*などの撮影方法で見つかります.
 ・これらの増加により,血管性認知症を発症します.
 ・基本的には高血圧などに基づく動脈硬化によるため,その予防が重要です.
 ・小血管病はアルツハイマー病との関連も指摘されています.

脳卒中の予防療法とは?
 ・原因となる動脈硬化の予防やその原因治療が最も重要です.
 ・症状が無くても動脈硬化は進んでいる場合があります.
 ・高血圧,糖尿病,高コレステロール血症などの管理が基本となります.
 ・禁煙,適度な運動,脱水の予防,急激な血圧の変動を避ける.
 ・脳梗塞予防のため,適応がある方:抗血小板療法や抗凝固療法.
 ・同じ病態:虚血性心疾患,閉塞性動脈硬化症,慢性腎臓病など.

 (注1:動脈硬化の有無は,頚動脈エコーやMRI,ABPIなどで評価いたします.)
 (注2:突然発症した麻痺や構音障害は,すぐに救急病院へ受診してください!)